スタッフブログ

HOME > スタッフブログ
  1. 芥川賞・直木賞

    第149回芥川龍之介賞と直木三十五賞が来週の水曜日(平成25年7月17日)に決定します。

    数多くある文学賞の中でも、この2つの文学賞が国内では、最も有名ではないでしょうか。

     

    両文学賞ともに、上半期と下半期の年2回選考されます。

    今回は、平成25年度上半期となります。

    芥川龍之介賞は、

    各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。主に無名もしくは新進作家が対象となる。(文芸春秋HPより)

    直木三十五賞は、

    各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。無名・新進・中堅作家が対象となる。(文芸春秋HPより)

    というのが、選考の基準です。

    しかし、純文学と大衆文芸、短編とそうでない作品の違いは、明確でないというのが現状のようです。

     

    両賞ともに、昭和10年に制定されました。

     

    第149回の候補作品は、

    芥川龍之介賞は、

    いとうせいこう 「想像ラジオ」(文藝春号)

    戌井昭人 「すっぽん心中」(新潮1月号)

    鶴川健吉 「すなまわり」(文學界6月号)

    藤野可織 「爪と目」(新潮4月号)

    山下澄人 「砂漠ダンス」(文藝夏号)

    の5作品。

    直木三十五賞は、

    伊東 潤 「巨鯨の海」(光文社)

    恩田 陸  「夜の底は柔らかな幻」(文藝春秋)

    桜木紫乃 「ホテルローヤル」(集英社)

    原田マハ 「ジヴェルニーの食卓」(集英社)

    湊 かなえ 「望郷」(文藝春秋)

    宮内悠介 「ヨハネスブルグの天使たち」(早川書房)

    の6作品。

     

    注目です。

  2. 値札の誤解

    けっこう誤解されているのが、本に貼られている値札についてです。

     

    本を売るとき、値札が付いていると、値札以上の値がつかない。

     

    そのような誤解です。

     

    当店では、100%ありえません。

     

    他店もそうだと思います。たぶん。(ただの予想です。)

     

    買取の基準は、現在の市場価値です。

    値札を付けた当時の価値であったり、値札を付けたお店の基準でもありません。

    それに、お店側は、出来る限り高く買取りをしたいと思っています。

    それは、高く買い取ることができて、お客さんが喜んでくれたら、また次も売っていただける可能性が高いからです。

    Win-Winの関係が大切ですから。

    (少なくとも当店は、そう思っています。)

     

    とても残念なのが、値札を取ろうとして、失敗。

    本のカバーの一部を破いてしまうことです。

    せっかくのお宝本でも、1円、又は買取り不可となってしまいます。

     

    もう一度言います。

    値札が付いていると、値札以上の値がつかない ということは100%あり得ません。

     

    ですから安心して、値札をつけたままお売り下さい。

     

  3. ドラマ・映画の原作は高く売れる

    どんな本が高く売れるかの 3つ目。

    それは、近々公開される映画や、始まるドラマの原作です。

    これは、発行年が新しいものに限りません。

    どんなに古くても、高く売れる可能性が高いです。

     

    例えば、2006年の2月に発売された西 加奈子さんの「きいろいゾウ」という単行本。

     

     kiiroizou

    2013年2月2日に、映画化されました。

    宮崎あおいさんと向井理さんが主演しました。

     

    この本の中古での販売価格の推移をみてみます。

    2012年5月以前は、中古販売価格が1円でした。

    しかし、映画化の宣伝がされた2012年5月あたりから、動きが出てきます。

    まず、値は上がりませんが、売れる数量が増えてきます。

    その後、品薄になるにしたがい、価格が上昇してきます。

     

    販売価格は、

    2012年10月-200円

    2012年12月-500円

    2013年1月末-1,000

    2013年2月2日-映画公開

    2013年2月上旬-1,650円(定価越え)

    2013年2月下旬-1,000

    2013年3月下旬-300円

    2013年6月-130円

     

    2006年発行の本で、7年も前で、決して新しい本ではありません。

    しかし、映画化されたため、中古価格が跳ね上がりました。

    映画公開直後には、定価を越えた価格で中古本が販売されていました。

     短期的な動きですが、驚異的な威力です。

     

    ですから、こういった近々公開される映画や、始まるドラマの原作などは、その時の相場よりも高い値で買取らさせて頂いています。

     

  4. 綺麗な本は高く売れる

    どんな本が高く売れるか の2つ目。

     

    それは、 綺麗な本です。

     

    綺麗な本が高く売れるというより、綺麗な本でなければ、減額要因になってしまうと言ったところです。

     

    お家にある大量の本。

    「古いものが多いから、希少価値がでて、お宝になっているかも!」

     

    という思いは、残念ながら、打ち砕かれます。

    お家にある古い本は、たぶん汚くなってしまっている確率が高いです。

    ヤケ、色あせ、シミなどなど。

    減額要因です。

     

    例えば、「金持ち父さん貧乏父さん」という有名な本の現在の買取価格は、150円です。

     

     kanemototousann

     

    書き込みや、色あせ、カバーの傷み、シミ等が無く、新品同様なら150円ということです。

    もしも、カバーに色あせがあれば、減額で買取価格100円

    数頁に書き込みがあったら、減額で買取価格100円。

    カバーが破れていたら、減額で買取価格20円。

    などなど。

    傷みの程度によって、100円だとか50円、20円、1円に下がってしまいます。

    (当店は、掃除をすれば、綺麗になる汚れなどは、傷みとみなしません。《他店は、どう扱うかはわかりません。》)

     

    大手買取り店は、この本の綺麗さのみを 買取の基準とされています。

    単行本のとても綺麗な新品同様の本の買取金額が150円です。

    満額150円から、傷みの度合いにより、100円、50円、20円、買取り不可となっていきます。

    (在庫のたくさんある本は、とても綺麗でも、買取金額は安くなってしまうようです。)

     

    ですから、本の綺麗さというのは、売るときにはとても大事です。

     

    同じ本でも、綺麗か、そうでないか。

     

    それで、買取価格は、変わってしまいます。

     

     

  5. 新しい本は高く売れる -その2-

    前回、発売から一年以内の本は、高く売れる可能性が高いとお話させてもらいました。

    では、一年間でどういった価格の推移があるか見てみます。

    例として、推理小説作家としてとても人気のある内田康夫氏の作品の中から。

    汚れちまった道」という単行本での、価格の推移をみてみます。

     

    yogoretimattamiti

     

    この作品は、2012年10月10日に、発売しました。

     

    発売時の買取価格 -700円(定価の約40%)

    3ヶ月後の買取価格 -560円(定価の約31%)

    6ヶ月後の買取価格 -400円(定価の約22%)

    現在の買取価格   -260円(定価の約15%)

    (上記は、5回以上連続でお売り頂いた方に適用している常連さん価格での例です。)

     

    どうでしょうか。

    新しいうちは、なかなか良い値がついてます。

    その後は、買取価格がみるみる下がってしまっています。

    やはり、新しいほど、高く売れる確率が高いです。

     

    そしてもう一つ。

    新品で購入したこの本は、次回いつ読み返すでしょうか。

     

    この本はとても感動したから、とっておいて、また読み返そう。

    読んだ直後はそう思うのですが、実際は一年以上読み返していない。

    2年以上経っているが一度も読み返していない。

    そういった方、少なくないのでは。

     

     少し考え方を変えて、発売してすぐに、新品を購入し、読み終えたらすぐに売ってしまう。

    そして、1・2年後、また読み返したいなぁと思ったら、古本を買いなおす。

    1,785円で新品購入。

    すぐに700円で売る。

    1・2年後、古本を買いなおす251円(アマゾンで買う場合、物によっては、本代1円+送料250円で購入できます。)。

    新品をずっと手元に置いておくよりも、449円お得です。

    置き場所も減らせます。

     

    当店の常連さんには、このように上手に賢く本のリサイクルをされている方がいます。