スタッフブログ

HOME > スタッフブログ
  1. 付属品が完備されているものは高く売れる

    どんな本が高く売れるかの7つ目。

    それは、付属品が完備されている本です。

    こちらも、付属品が欠品しているものは、商品価値が著しく落ちてしまうといった感じです。

     

    例えば、英語の教材の本で、付属品としてCDが付いているものがたくさんあります。

    CDと本の両方があって、はじめて1つの商品として成り立つものです。

    CDが欠品していたら、商品価値が激減してしまうのは、納得していただけるはずです。

     

     また、小説などの単行本でも、通常付いているカバーが付いていないのも、商品価値が落ちてしまいます。

    上記のCDが欠品していて商品として成り立たないものとは違い、カバーがなくても小説のスト―リーは損ないません。

    しかし、現在は、古本とはいえ、良品がとても多く出回っている為、カバーなしの本では、お客さんに選んで頂けません。

    ですから、カバーが付いていない本は、買取価格も大幅に安くなってしまいます。

     

    ぜひお売りになるときのことも考えておいて、購入時に付いている付属品を捨てずにそのまま付けておいて下さい。

    買取価格が大きく変わります。

    ぜひお試しください。

  2. 初回限定特典が付いているものは高く売れる

    どんな本が高く売れるかの 6つ目。

    それは、初回限定特典が付いている本です。

    (これも、初回限定特典が付いている全ての本が高く売れるという訳ではありません。)

     

    初回限定特典には、2通りあります。

    1.通常と同じ価格だが、特典付き。

    2.通常より価格が高くなって特典付き。

     

     

    通常版と同じ価格ですが、特典付きの例。

    セーラームーンの新装版

     

    seiraamunn

    美少女戦士セーラームーン 全12巻

     

    こちらは、初版第一刷のみ、綴じ込みシールがついています。

    これは、レアです。

    もう新品では買うことができない為、供給量が増えません。

    そのうえ、セーラームーンの新装版は、人気もありますので、その中の初回限定特典である綴じ込みシール付きは、高く買取されます。

    (シールは、未使用に限ります。)

     

     通常価格より高くなる初回限定版は、例えば、宇宙兄弟の21巻。

     

    utyuukytoudai

    宇宙兄弟 21巻 限定版

    通常版は、600円です。

    それが、初回限定版は、APOぬいぐるみが付いて、1,780円。

    そして、現在は、中古市場で、定価越えの2,000円ほどで、売買されています。

    定価越えです。

     

    しかし、 初回限定版の多くも、出版されてから発売から年月が経過すると下落します。

    全ての初回限定版が、高く売れるとは限っていませんので御了承下さい。

     

    でも、壺にはまれば、初回限定版付きの本は、プレミア価格となります。

     ご参考までに。

  3. 新潮ドキュメント賞 佐々木実「市場と権力」

    谷崎潤一郎賞に続き、先月の8月30日に第12回新潮ドキュメント賞が決定しました。

     

    新潮ドキュメント賞は、

    ジャーナリスティックな視点から現代社会と深く切り結び、その構成・表現において文学的にも良質と認められる作品一篇に授与する。(新潮社HPより引用)

    という規定により選出されます。

    公募ではなく、前年の7月1日から当年の6月30日の間に書籍化された、又は、雑誌に掲載された作品から選ばれます。

    副賞は100万円です。

    今回の受賞作は、佐々木実さんの「市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像」です。

    著者の佐々木実さんは、1966年生まれの47歳。日本経済新聞社を1995年に退社して、現在はフリーのジャーナリスト。

    市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像」という作品は、

     

    歴代の受賞作には、拉致被害者の蓮池薫さんの「半島へ、ぶたたび」や、元外務官僚の佐藤優さんの「自壊する帝国」などがあります。

    2001年からの小泉内閣の時、経済財政政策担当大臣や修正民営化担当大臣などなど活躍された竹中平蔵さんについての作品。

     

    佐々木実さんは、月間現代の2005年12月号の「竹中平蔵 仮面の野望」という雑誌記事で、竹中平蔵さんが博士を取得した論文は盗用されたものと指摘しています。

    gekkanngenndai200512

     

    経済学者ではなく、政治家。

    出世欲。

     

    竹中さんの顔からはとても想像できない本質なのでしょうか?

     

    以前ほどメディアの露出がすくなく、第一線から退いたと思っていました。

    しかし、この作品の帯には、

    「竹中平蔵が次に狙うものは!?」

    という文字が。

     

    ダークな世界です。

     

    sijyoutokennryoku

  4. 月間ベストセラー 2013年7月期

    2013年7月期の月間ベストセラーが出版科学研究所から発表されました。(単行本総合)

    第一位 「野心のすすめ」 林真理子さん

    第二位「医者の殺されない47の心得」 近藤誠さん

    第三位「海賊とよばれた男 上・下」 百田尚樹さん

    でした。

     

    その中から、第二位の「医者の殺されない47の心得」について。

     

    isyanikorosarenai47nokokoroe

     

    この本は、2012年12月13日に発売されました。

    そして、2013年2月期に月間ベストセラーの第6位にランクインしてから、3月期1位、4月期3位、5月期2位、6月期2位と上位をキープしている注目の一冊です。

    本の題名は、いかにも反医学、反医者といった感じですが、この作者の近藤誠さんは、慶応義塾大学医学部の医者で、現在は、慶応義塾大学医学部の専任講師です。

    医者側、病院側の人間です。

     

    その医者側の人間である作者は、これまでの数多くの本を出版し、抗ガンを使った従来の治療方法を真っ向から批判しています。

     

    「医者の殺されない47の心得」でも

    第2章患者よ、病気と闘うな

    心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな

    と書かれています。

     

    この近藤誠さんは、当時日本では全く行われていなっかった乳がんの乳房温存治療法の普及に取り組み、「勝手に乳房を切り取るのは、外科医の犯罪行為ではないか」という論文も発表しています。

     

    これまでの正統路線から逸した異端児です。

     

    極論を展開してるため、かなりの批判も受けているようです。

    しかし、抗がん剤治療や手術など、説明不足で納得できないまま治療をしてきた患者さんたちからの同意・共感が多いことも確かです。

     

    また、

    乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療における先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績

    から第60回菊池寛賞を受賞しました。

    菊池寛賞とは、日本文化の各方面に遺した功績を記念するための賞。文化活動一版において最も清新且つ創造的業績をあげた人、あるいは団体に贈られる賞。)(文藝春秋HPより引用)

     

     

    ガン治療に関しては、現在、まだまだわからないことが多いようです。

    そして、説明や選択肢のない病院での治療に不信感を持っている方も少なくないでしょう。

     

    実際、当事者となった時を想定し、知識を得て、自分なりの考えを持っているべきだと感じます。

    売れているのは、そんな理由からなのかもしれません。

  5. 谷崎潤一郎賞 川上美映子さんの「愛の夢とか」

    一昨日の水曜日(2013/8/28)、第49回谷崎潤一郎賞が決定しました。

    川上美映子さんの愛の夢とかが受賞しました。

     ainoyumetoka

     

     「愛の夢とか

    講談社

    「アイスクリーム熱」・「愛の夢とか」・「イチゴ畑が永遠に続いてゆくのだから」 などの7つ物語からなる短編集です。

     

    何気ない日常がゆらいで光を放つ瞬間をとらえた、心ゆさぶる7ストーリーズ (講談社HPから引用)

     

     

    谷崎潤一郎賞は、1965年に、中央公論社に創設されました。

    明治・大正・昭和を通じて、幅広いジャンルで活躍した谷崎の業績にちなみ、時代を代表する優れた小説・戯曲を顕彰します。

    (中央公論社HPより引用)

    歴代の受賞作品には、

    桐野 夏生 「東京島」

    瀬戸内寂聴 「花に問え」

    村上春樹 「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

    などなど。

     

    今回受賞された川上美映子さんは、1976年8月29日生まれの、37歳。

    昨日が誕生日で、一昨日が受賞。

    おめでたい。

     

    芥川龍之介賞中原中也賞などなど数々の受賞歴をもつ作家さんです。

    作家のほかに、ミュージシャンや女優もされているようです。

    すごい人です。

     

    川上美映子さんのほかの作品は、

    「乳と卵(ちちとらん)」(芥川龍之介賞受賞作)

    「先端で、さすわさされるわそらええわ」(中原中也賞受賞作)

    「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」(随筆集)

    などなど。

     

    私は、川上美映子さんの作品を読んだことがありませんでした。

    ぜひ読んでみたいです。