スタッフブログ

HOME > スタッフブログ
  1. 小学館漫画賞

    先月の2014/1/21、第59回小学館漫画賞が決定しました。

     

    児童向け部門はいしかわえみさんの「絶叫学級」

    少年向け部門は、大高忍さんの「マギ」

    少女向け部門は青木琴美さんの「カノジョは嘘を愛しすぎてる」

    一般向け部門は、高橋のぼるさんの「土竜の唄」

    審査員特別賞は、室山まゆみさんの「あさりちゃん」

    でした。

     

    その中から土竜の唄について。

    題名の土竜(もぐら)とは、潜入捜査官を意味しています。

    交番勤務だった主人公の菊川玲二が、暴力団会長を挙げるため、土竜となり、犯罪組織に潜入していきます。

    ヤングサンデーで、現在も連載中のマンガです。

    コミックは現在39巻まで発売されています。

    moguranouta1-39

    土竜の唄 1-39巻セット

     

    この土竜の唄が原作の実写映画が、来週の土曜日2/15日から公開されます。

     

    主演は、ジャニーズの生田斗真さん。

    脚本は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本もした宮藤官九郎さん。

    監督は暴力描写の第一人者三池崇史さん。

    詳しくはこちらから⇓

    映画 土竜の唄 潜入捜査官REIJI

     

     初日は、TOHOシネマズ六本木ヒルズで、舞台挨拶があるようです。

    主演の生田斗真さん・堤 真一さん・仲 里依紗さん・上地雄輔さん・岡村隆史さんなどなど、そうそうたる顔ぶれが出演予定です。

    初日舞台あいさつ付きのチケット抽選販売の申込期間は、2/10 11:00まで。

    抽選結果の発表も2/10で、20:00に行われるようです。

     

     詳しくはこちらから⇓

    土竜の唄 初日舞台挨拶特別抽選販売

     

     話題の作品です。

     

  2. 月間ベストセラー 2013年11月期

    2013年11月期の月間ベストセラーが月初の1/6に出版科学研究所から発表されました。(単行本総合)

    11月期のベスト10です。

    第1位 「新・人間革命」 池田大作

    第2位 「人間にとって成熟とは何か」 曽野綾子

    第3位 「人生はニャンとかなる! 」 水野敬也・長沼直樹

    第4位 「ゼロ 何もない自分に小さなイチを足していく」 堀江貴文

    第5位 「ロスジェネの逆襲」 池井戸 潤

    第6位 「終物語(上)」 西尾維新

    第7位 「人に強くなる極意」 佐藤 優

    第8位 「原発ホワイトアウト」 若杉 冽

    第9位 「心配事の9割は起こらない」 枡野俊明

    第10位 「住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち」 川口マーン惠美

    でした。

     

    その中から第3位の人生はニャンとかなる! について。

    2013年10月21日に発売。

    約10日間で10月期の月間ベスト7に入りました。

     

     この作品は水野敬也さんと長沼直樹さん共著です。

    水野敬也さんは、100万部を越えるベストセラーの「夢をかなえるゾウ」で有名な方です。

    yumewokanaeruzou

    夢をかなえるゾウ

     

    この御2人は、2012年に「人生はワンチャンス!」という本をかかれていて、人生はニャンとかなる!は、その続編となっています。

    jinnseihawanntyannsu

    人生はワンチャンス!

     

    68枚のカワイイ猫の写真とその写真にマッチしたキャッチコピー、さらに272個の偉人の逸話・格言で、人生で大切な教えが学べる新しいタイプの本。
    普通の本として読むこともできますが、1ページ1ページが切り離せるので、部屋に貼ったり、プレゼントしたりもできるお得な一冊です。

     

    水野敬也さんに、くだけた自己啓発本を書かせたら、右に出るはいないかも。

    jinnseihanyanntokanaru

    人生はニャンとかなる!

     

  3. 大人ドロップ

    本日から新しく超高価買取中タイトルになった本の紹介です。

     

    大人ドロップ-文庫

    otonadoroppu

    作者 樋口直哉

    出版社 小学館

    発売日 2010年1月8日

    定価480円

    買取価格200円

     

    大人でも子供でもなかった頃の、みずみずしい記憶を鮮やかに呼び覚ます青春の物語。

     

    今年の4月4日(金)に、大人ドロップを原作とした映画が上映されます。

    キャストは、池松壮亮さん・橋本愛さん・小林涼子さん・前野朋哉さんなどなど。

    池松壮亮さんは、「日本生命」のCMにでているので、皆さんよく知っていると思います。

    橋本愛さんは、NHKドラマ「あまちゃん」で話題になった女優さんです。

     

    著者の樋口直哉さんは、1981年生まれの今年の5月で33歳。

    「さよならアメリカ」で、第48回群像新人文学賞を受賞。同作で、第133回芥川龍之介賞の候補にもなりました。

     それを機に作家デビュー。

    当時は、フランス料理の出張料理人であったそうです。

     

    3月いっぱいの期間限定で、高価買取いたします!

    ぜひお売り下さい!

  4. 第150回芥川賞・直木賞受賞作決定

    2014年1月16日午後5時から築地の新喜楽で選考委員会が開催され、第150回芥川龍之介賞と直木三十五賞の受賞作が決定しました。

    芥川賞受賞作は、小山田浩子さんのです。

    直木三十五賞は、朝井まかてさんの恋歌姫野カオルコさんの昭和の犬の2作品です。

     

    小山田浩子さんは、広島在住の30歳。

    生まれて3ヵ月の娘さんがいるため、東京の会見場には行けず、電話でのお話でした。

    娘さんは、電話中もけっこう泣いていたようで、その間、旦那さんがあやしていたそうです。

    2010年に第1作目の「工場」で第42回新潮新人賞を受賞。

    今回のは、4作品目。

    仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。見たことのない黒い獣の後を追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちる。

    夫の家族や隣人たちも、何かがおかしい。平凡な日常の中にときおり顔を覗かせる異界。(新潮社HPより抜粋)

    ana

    今月末(214/1/31)発売予定です。

     

     

    朝井まかてさんは、大阪在住の54歳。

    1回目の直木賞候補で、受賞に至りました。

    初候補の場合は、「もう1作待ちたい」という声が上がることが多いようですが、今回は、珍しいケースであったようです。

    受賞作の恋歌は、幕末の水戸藩を題材にしています。

    時代小説作家にとっては、アンタッチャブルな世界だそうです。

    とても難しい題材を見事に書ききったということが、評価されたようです。

     

    rennka

    恋歌

     

    姫野カオルコさんは、直木三十五賞に、過去4回候補作として選出されていて、今回5回目にして見事に受賞されました。

    55歳。

    自称「ベストジャージスト賞」。

    受賞時の記者会見も、ジャージ姿でした。

    トレーニングジムで、トレーニング中だったそうです。

     ベリーダンスなど踊って勢いをつけてから作品を書いているそうです。

     

     姫野カオルコさんの作品はかなり個性が強いようです。そのため、賛否両論が分かれてしまい、過去4回受賞に至らなかったようです。

    しかし、今回は、オリジナリティーを失わないまま、それでいて、選考委員すべてを称賛側に向かわせたすばらしい作品だそうです。

     

     syouwanoinu

    昭和の犬

     

    ぜひ、読んでみてください。

     

  5. 黒執事 今週1月18日土曜日 公開!!

    今週の土曜日(2014年1月18日)、【黒執事】の上映が開始します。

    主演は、水嶋ヒロさん。

    3年ぶりの復帰作だそうです。

     

    その間は、作家として活動されていて、

    本名の斉藤智裕斉藤智)で執筆した小説KAGEROUは、第5回ポプラ社小説大賞を受賞しています。

     

    kagerou

    KAGEROU

     

    水嶋ヒロさんは、以前にドラマ「メイちゃんの執事」でも、執事役をされていました。

     

     meityannnosituji

     【メイちゃんの執事

     

     

    黒執事】には、他にも剛力彩芽さんや山本美月さんなど旬な女優さんも出ている話題作です。

     

    この映画の原作は枢 やな(とぼそ やな)さん作の「黒執事」です。

    月間Gファンタジーに連載中。

    世界42ヵ国で翻訳されているとても人気のある作品です。

    主人公のセバスチャンは、「あなたが一番「イケメン」だと思うキャラクター」で、第1位でした。(ダ・ヴィンチ電子ナビ2013年)

     

    コミックは現在17巻まで発売されています。

    kurosituji1-17

     【黒執事 1-17巻セット

     

    そして、映画公開日の1月18日に、最新18巻が発売されます。

     

    kurosituji18

    黒執事 18巻

     

     原作は、19世紀後半の英国を舞台としていますが、映画は、アジアです。

    そのため、セバスチャン以外は、原作と名前が違います。(一部一緒の方もみえます。)

    ストーリーのほうもオリジナルとなっているようです。

     

    主題歌は、奥さんの綾香さんの作詞作曲です。

     

    ぜひのぞいてみてください。

    映画『黒執事』公式サイト

     

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15