スタッフブログ

HOME > スタッフブログ
  1. 日本SF大賞

    第34回日本SF大賞のエントリーが今週の1/6に終了しました.

     

    日本SF大賞とは、

    小説、評論、漫画、映像、音楽など、ジャンルやメディアにとらわれず、対象年度内に発表されたSF作品の中からもっともすぐれた業績を選んで顕彰し、SF界の発展に寄与することを目的として、1980年、日本SF作家クラブにより創設された。

    (日本SF作家クラブより引用)

    という賞です。

    ですから、この賞は、本だけでなく、映画や漫画などジャンルを越えた作品が対象となる珍しい賞です。

    圧倒的に、本の中から受賞作が決まっていますが、過去には、

    映画の「ガメラ2」・「新世紀エヴァンゲリオン」なども大賞を受賞しています。

     

     

    日本SF作家クラブとは、

    SFおよびファンタジーの普及および発展に寄与することを目的として、1963年(昭和38年)に設立された親睦団体です。

    (日本SF作家クラブ50周年記念公式サイトより引用)

    初代会長は、星新一さんです。

    昨年(2013年)は、創立50周年を迎えた歴史ある団体です。

    nihonnSFsakkakurabu50

     

     

    前回の第33回までは、徳間書店が後援し、副賞として200万円が大賞作品に与えられていました。

    しかし、今回から、徳間書店が後援からはずれたため、存続も危ぶまれていましたが、続行されました。

     

    今までと違って、一般の方からも候補作のエントリーを受け付けました。

    推薦です。

    読者参加型の大賞となりました。

    今回は、のべ150件ほどのエントリーがありました。

    エントリーされた作品は、こちらで見ることができます。

     

    日本SF大賞エントリー一覧

     

     

    エントリー作品の中から、日本SF作家クラブ会員によって投票されて、最終候補作品が選ばれます。

    その後、選考委員によって受賞作が決定されます。

     

    大賞が決まりましたら、御報告致します。

     

  2. 芥川賞・直木賞候補作品決定!

    第150回、芥川龍之介賞と直木三十五賞の候補作品が先週の12月20日(金)に決定しました。

    (芥川龍之介賞・直木三十五賞の説明はコチラの記事を参照下さい→【芥川賞・直木賞】

     

    芥川賞の候補作は

    いとうせいこうさんの「鼻に挟み撃ち」

    岩城けいさんの「さようなら、オレンジ」

    小山田浩子さんの「穴」

    松波太郎さんの「LIFE」

    山下澄人さんの「コルバトントリ」

     

    いとうせいこうさんは、前回の149回に続いて連続で候補作に選ばれています。

    山下澄人さんは、前回の149回と147回に候補作として選ばれています。

    松波太郎さんは、141回に候補作に選ばれています。

     

     

    直木賞の候補作は

    朝井まかてさんの「恋歌」

    伊藤潤さんの「王になろうとした男」

    千早茜さんの「あとかた」

    姫野カオルコさんの「昭和の犬」

    万城目学さんの「とっぴんばらりの風太郎」

    柚木麻子さんの「伊藤くんA to E」

     

    伊藤潤さんは3年連続4度目の候補作として選ばれました。

    姫野カオルコさんは、第117回、第130回、第134回、第143回と今回で5回目の選出です。

    万城目学さんは、第141回tと143回に候補作に選ばれています。

     

    選考委員会は、2014年1月16日午後5時から築地・新喜楽で開催します。

    そこで第150回の芥川賞・直木賞受賞作が決定します。

     

    楽しみですね。

     

     

  3. 子どもたちにもっと本を! こどもの読書週間 標語募集

    今週、こどもの読書週間標語が募集されました。

     

    こどもの読書週間とは、

     子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、「こどもの読書週間」は1959年(昭和34年)に誕生しました。

    幼 少のときから書物に親しみ、読書の喜びや楽しみを知り、ものごとを正しく判断する力をつけておくことが、子どもたちにとってどんなに大切なこと か……。子どもに読書を勧めるだけでなく、大人にとっても子どもの読書の大切さを考えるとき、それが「こどもの読書週間」です。 

    (公益社団法人 読書推進運動協議会HPから引用)

    というものです。

    毎年、4月23日から5月12日の約3週間行われます。

     その期間は、図書館や公民館など各所でイベントが行われます。

    イベントの内容は様々で、読み聞かせや、絵本の展示、スタンプラリーなどなど。

     

    標語は、

    読書の豊かさ、奥深さ、楽しさ、有用性などを新鮮な感覚で表現した未発表のもの。

    (公益社団法人 読書推進運動協議会HPから引用)

    として募集されています。

     

    昨年は、たくさん読んで大きくなあれでした。

     

    kodomonodokusyosyuukann2013

     

     

    読書週間では、ポスターも募集されますが、こどもの読書週間では、プロの方が描かれるようです。

    ここ10年以上は、絵本作家の杉田豊さんがイラストを描かれています。

     

    そのイラストに、今回募集されている標語の入選作が刷り込まれて、全国の新聞社や雑誌出版社、公益図書館、全国の学校、書店に送られ掲出されます。

     

    来年2014年2月上旬に選定されます。

     

    締め切りは、2014年1月31日。

     

    入選(1作)には、図書カード1万円分。

    次点(2作)は、図書カード5千円分。

    佳作(20作前後)は、図書カード2千円分。

     

    くわしくはコチラから↓

    kodomo

     

     ぜひ応募されてみてはいかがですか。

     

  4. 永遠の0(ゼロ) 12月21日(土)上映開始

    永遠の0(ゼロ)が、来週の12月21日(土)から上映されます。

    原作は、百田尚樹さん。

    著者の百田尚樹さんは、小説家でもあり、放送作家でもあります。

    放送作家としての代表作は、「探偵!ナイトスクープ」。

    今年は、「海賊とよばれた男」で、第6回本屋大賞を受賞されました。

     

    永遠の0(ゼロ)は、2006年に発表したデビュー作で、現在も売れ続けている作品です。

    発行部数400万部を超えたそうです。

    この作品は、単行本、文庫、コミックになっており、今回は、映画化されました。

     

     eiennno0tannkoubonn

    永遠の0】(単行本)

     

    eiennno0bunnkobonn

    永遠の0】(文庫本)

    eiennno0komikku

    永遠の0 コミック全5巻セット

     

    太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。

    「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は、米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。

    その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。

    宮部久蔵。

    天才的な操縦技術を持ちながら、生還するこのにのみ執着し、仲間から「臆病者」と蔑まれた男だった・・・・

    (映画『永遠の0』HPから引用)

     

    主な映画のキャストは、

    主人公の宮部久蔵役をV6の岡田准一さん。

    主人公の妻を井上真央さん。

    主人公の孫を三浦春馬さん。

     

    主題歌は、サザンオールスターズ。

    サザンオールスターズが、映画の主題歌を提供するのは、23年ぶりとのことです。

     

    原作同様、映画も大ヒットしそうですね。

     

    映画のHPはこちらからどうぞ→映画『永遠の0』

     

  5. 月間ベストセラー 2013年10月期

    2013年10月期の月間ベストセラーが出版科学研究所から発表されました。(単行本総合)

    10月期のベスト10です。

     第1位 「 ロスジェネの逆襲」 池井戸 潤さん

    第2位 「終物語(上)」 西尾維新さん

    第3位 「人間にとって成熟とは何か」 曽野綾子さん

    第4位 「祈りの幕が下りる時」 東野圭吾さん

    第5位「医者に殺されない47の心得」 近藤 誠さん

    第6位「乃木坂派 乃木坂46ファースト写真集」

    第7位「心配事の9割は起こらない」 枡野俊明さん

    第8位「人生はニャンとかなる!」 水野敬也さん・長沼直樹さん

    第9位「税金官僚から逃がせ隠せ個人資産」 副島隆彦さん

    第10位「日本人はいつ日本が好きになったのか」 竹田恒泰さん

    でした。

     

    その中から、3位の人間にとって成熟とは何かについて。

    7月28日に出版されて以降

    8月期-第2位

    9月期-第2位

    と、発売以来、ベスト3以内が続いています。

     

    著者は、曽野綾子さん。

    1931年生まれの82歳。

    恩賜賞・吉川英治文化賞・菊池寛賞などなど、数多く受賞されてます。

     

     

    「憎む相手からも人は学べる」「諦めることも一つの成熟」「礼を言ってもらいたいくらいなら、何もしてやらない」「他人を理解することはできない」「人間 の心は矛盾を持つ」「正しいことだけをして生きることはできない」等々、世知辛い世の中を自分らしく生き抜くコツを提言。まわりに振り回され、自分を見失 いがちな人に贈る一冊

    (アマゾンより引用)

     

    著者の曽野綾子さんは、最近「金スマ」に、出演されていましたが、これらの話の一部を短いドラマ形式で、紹介されていました。

    ネット上では、番組での曽野さんのご意見への賛否が多数掲載されています。

     

    その中のひとつ。

    体の不自由なお隣のおばあさんのために、女性は何かと気にかけ、お手伝いをしてあげていたそうです。

    そのおばあさんには、息子さんがいました。

    しかし、その息子さんは、なにかとお手伝いをしている女性にあいさつすらしない対応でした。

    そのおばあさんが亡くなってしまい、お葬式に行った時も、息子さんは、まったくあいさつすらしなかったようです。

     

    その対応に、女性は、せっかくお手伝いをしたのに、何の感謝の言葉もない。

    くやしくてくやしくて、精神を病んでしまったそうです。

     

    この息子さんに対して、お手伝いをしていた女性に対して、皆さんはどう思われるでしょうか。

     

     ninngennnitotteseijyukutohananika

    人間にとって成熟とは何か