スタッフブログ

HOME > スタッフブログ
  1. 第151回芥川賞・直木賞

    先週の7/17に第151回芥川龍之介賞直木三十五賞が決定いたしました。

    芥川龍之介賞は

    春の庭

    著者は柴崎友香さん。

     

    harunoniwa

    「春の庭」

    著者:柴崎友香

    掲載誌:文學界6月号

    出版社:文藝春秋

    結婚したばかりの元美容師・太郎は、世田谷にある取り壊し寸前の古いアパートに引っ越してきた。あるとき、同じアパートに住む女が、塀を乗 り越え、隣の家の敷地に侵入しようとしているのを目撃する。注意しようと呼び止めたところ、太郎は女から意外な動機を聞かされる・・・。
    いつもの街の中に、気づかなかった「時間の流れ」や「暮らし」の歓びが浮かび上がります。

     

     

    柴崎さんは、40歳。

    今回で、4回目の芥川賞候補でした。

    これまでは、自宅で知らせを待っていましたが、今回は、浅草の喫茶店で待つことにしたそうです。

    そしてみごとに受賞。

    電話が来たとき、最初はあわてて、切ってしまったそうです。

     

    選考委員の高樹のぶ子さんは、

    「柴崎さんが自分の世界を広げた作品だ。視点のずれに効果があり、不思議なゆらぎを生み出している。時間の厚みと色彩が一緒にゆらめいていて、これまでの作品で完成度も、成熟度も一番よかった。」

    と評価されていました。

     

    直木三十五賞は、

    波紋

    著者は、黒川博行さん。

     

    hamon

    破門

    著者:黒川博行

    出版社:角川書店

     

    映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮は、資金回収のため、関西とマカオを奔走する。巨額の資金をめぐる争いはやがて組同士のトラブルに発展し、桑原にも絶体絶命の危機が!

     

    著者の黒川博行さんは、1949年生まれの65歳。愛媛県出身です。

     

    雀荘で麻雀をされていたそうです。

    そこで、受賞の知らせを受けました。

    黒川さんは、今回で6回目の直木賞候補。

    さすがに5回も落選するとトラウマになってたそうです。

    「待ち会は嫌なんです。編集者と集まって待ってるんですけど、7時過ぎると妙にシーンとなるし、電話を受けた自分が落ちた瞬間にどんな顔してええか、すごく感じてまして。麻雀してるんやったらそんなに暗い顔もしないで普通に待てるかなと思いました。」

    すごく伝わりますね。

     

    選考会では、初回の投票から圧倒的な支持を集めていたようです。

    選考委員の伊集院静さんは、

    「候補作の中で読み物として一番面白い。心象を一切書かず、これだけ読ませるのは素晴らしい」

    と評価されていました。

     

    愛媛出身ですが、幼稚園くらいから、大阪で暮されているので、言葉は大阪弁。

    会場も笑いに包まれながらの会見でした。

  2. 第151回直木三十五賞候補作

    直木三十五賞芥川龍之介賞が本日7/17に決定します。

    第151回直木三十五賞の候補作、6作品をご紹介いたします。

     

    midnaitobasu

    ミッドナイト・バス

    著者:伊吹有喜

    出版社:文藝春秋

     

    東京での仕事に挫折し、故郷で深夜バスの運転手として働く利一。あるとき乗車してきたのは、十六年前に別れた妻だった。おだやかな筆致で描かれる、家族の再生。そして再出発。

    著者の伊吹有喜さんは、1969年生まれの45歳。

    三重県出身の方です。

    代表作は、「四十九日のレシピ」。

    ドラマ化も映画化もされた作品です。

    ドラマは、2011年にNHKで放送され、和久井映見さんが主演されました。

    映画は、昨年2013年11月に公開され、永作博美さんが主演されました。

     

     

    hamon

    破門

    著者:黒川博行

    出版社:角川書店

     

    映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮は、資金回収のため、関西とマカオを奔走する。巨額の資金をめぐる争いはやがて組同士のトラブルに発展し、桑原にも絶体絶命の危機が!

     

    著者の黒川博行さんは、1949年生まれの65歳。愛媛県出身です。

    黒川さんは、今回で、6回目の直木賞候補です。

    今回の作品「破門」は、「疫病神」シリーズの第5作目です。

    このシリーズは、5作中3作が直木賞候補になる人気のシリーズです。

     

     

    otokotomodati

    男ともだち

    著者:千早 茜

    出版社:文藝春秋

     

    関係のさめた恋人と同棲しながら、遊び人の医者と時々逢いびき。仕事は順調なのに、本当に描きたかったことを見失っている―京都在住イラストレーター神名葵29歳の熱くてダークな疾走する日常。

     

    著者の千早 茜さんは、1979年生まれの34歳。

    北海道出身で、現在は京都に住んでいます。

    「魚神」で、第21回小説すばる新人賞受賞し、2009年に作家デビュー。

    前回も「あとかた」で、直木賞候補になりました。

    まだ、作家になって5年目なのに、すごいです。

     

    watakusiniitahito

    私に似た人

    著者:貫井徳郎

    出版社:文藝春秋

     

    小規模なテロが頻発するようになった日本。ひとつひとつの事件は単なる無差別殺人のようだが、実行犯たちは一様に、自らの命をなげうって冷たい社会に抵抗する“レジスタント”と称していた。

    テロに走る者、テロリストを追う者、実行犯を見下す者、テロリストを憎悪する者…彼らの心象と日常のドラマを精巧に描いた、前人未到のエンターテインメント。

    著者の貫井徳郎(ぬくいとくろう)さんは、1968年生まれの46歳。東京出身。

    今回で4回目の直木賞候補。

    代表作は「乱反射」で、第63回日本推理作家協会賞を受賞されています。

    この選考会では、選考委員の北村薫さんが、

    『乱反射』に与えないようなら、推理作家協会賞の存在意義はない」と。なぜなら『乱反射』は「(普通の)小説という衣の下に、本格(ミステリー)の鎧(よろい)を隠した作品」だからだ。

    といったそうです。

     

    honnyasannnodaiana

    本屋さんのダイアナ

    著者:柚木麻子

    出版社:新潮社

     

    私の呪いを解けるのは、私だけ。「大穴」という名前、金色に染められたパサパサの髪、行方知れずの父親。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の 世界と同級生の彩子だけが光を与えてくれた。正反対の二人は、一瞬で親友になった。そう、“腹心の友”に―。少女から大人への輝ける瞬間。強さと切なさを 紡ぐ長編小説。

    著者の柚木麻子(ゆずき あさこ)さんは、1981年生まれの33歳。東京都出身。

    2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞。2010年に、その作品を含短編集「終点のあの子」で、作家デビューされました。

    前回の直木賞候補にもなりました。

    この方も、デビューしてまだ、4年目。

     

    manngann

    満願

    著者:米澤穂信

    出版社:新潮社

     

    を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライ ターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。

     

    著者の米澤穂信さんは、1978年生まれの36歳。岐阜県出身。

    代表作は、「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」・「折れた竜骨」。

    「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」は、映画化され、藤原竜也さん・綾瀬はるかさん・石原さとみさんらが出演されました。

    「折れた竜骨」では、貫井徳郎さんが受賞された次の回である第64回に、日本推理作家協会賞を受賞されました。

     

     

    本日午後5時から築地の新喜楽で、選考委員会が開催され、受賞作が決定いたします。

    楽しみです。

  3. 直木三十五賞

    今回は、直木三十五賞について。

    先月の6/20に第151回直木三十五賞の候補作品が発表されました。

     

    直木三十五賞の選考基準は、

    各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。無名・新進・中堅作家が対象となる。(文芸春秋HPより)

    というものです。

    しかし、純文学と大衆文芸、短編とそうでない作品の違いは、明確でないというのが現状のようです。

     

    直木三十五賞は、文藝春秋社の創設者である菊池寛さんが友人の小説家 直木 三十五(なおき さんじゅうご)さんを記念して創設された文学賞。

    直木三十五さんが亡くなられた翌年の1935年に創設されました。

    直木三十五さんは、43歳の若さで亡くなられました。

    当時は不治の病であった結核がもとで、脊椎カリエスを発症させ、最後は、脳もおかされたそうです。

     

    直木三十五さんの代表作は、「南国太平記」

     nanngokutaiheiki-jyounanngokutaiheiki-ge

    【南国太平記 (上)・(下)】

    講談社大衆文庫

     

    何度も映画化もされ、とても人気があったそうです。

     

    しかし、賞の名前になっているほどの作家の作品ですが、あまり、馴染みがないのではないでしょうか。

     

    芥川賞と直木賞。

     

    もう一方の有名な文学賞である芥川龍之介さんの作品は、多くの方が知っていると思います。

    「羅生門」・「蜘蛛の糸」・「鼻」などなど。

     

    しかし、直木三十五さんの作品はというと、ほとんどのかたが知らないのでは。

     

    不思議な感じがします。

    純文学と大衆文芸の差なのでしょうか。

     

    直木三十五とは、ペンネーム。

    本名は、植村 宗一。

    直木は、植の字を分解したもの。

    三十五は年齢。

    31歳のとき作家活動をはじめ、その時、直木三十一と名乗りました。

    年を重ねることに、

    直木三十二・直木三十三・直木三十四と変えていきました。

     

    なかなか奇抜な方です。

     

    名前の間違いや、他者からの忠告などもあり、直木三十五で、改名をやめました。

     

    生き方もなかなか常識を逸していたようで、金遣いがあらく、車やギャンブル、女性などに散財していたようです。

    「南国太平記」で、人気作家となってからは、仕事をこなす量もかなり多く、書いて稼いでは、散財する。

     

    稼ぐ以上に、散財する。

     

    借金も多く、金銭感覚は、麻痺していた方だったようです。

     

    かなりの速筆であったようで、

    入院したときにも、午前中30枚、午後30枚、夜30枚、合計一日に90枚の原稿を書く予定を立てている。

    そんな無茶な仕事をする性格が、早く亡くなってしまった原因なのでしょう。

     

    直木三十五さんに興味のある方は、お孫さんが書かれた伝記を読んでみてください。

     

    naokisannjyuugodenn

    【直木三十五伝

     

    今回は、直木三十五さんのことで終わってしまいました。

    次回、第151回直木三十五賞の候補作品について紹介いたします。

     

  4. 第151回芥川龍之介賞候補作品

    第151回芥川龍之介賞と直木三十五賞の候補作品が決定いたしました。

    (芥川龍之介賞・直木三十五賞の説明はコチラの記事を参照下さい→【芥川賞・直木賞】

     

    本日は、芥川龍之介賞の候補作について。

    どろにやいと

    著者:戌井昭人

    掲載誌:群像1月号

    出版社:講談社

    亡き父の後を継ぎ、万病に効くお灸「天祐子霊草麻王」を行商する「わたし」は、父の残した顧客名簿を頼りに日本海沿いの村を訪れる。土地の老人達、雑貨店の ホットパンツの女、修験道者姿の謎の男・・・。人里離れた村で出会う人々は一癖も二癖もありそうな人たちばかり。やがて、帰りのバスに乗り遅れた「わたし」 は、この村で一泊することになるのだが・・・。

    どろにやいととは、泥にお灸をすえるという意味です。無駄なことという例えだそうです。

     著者の戌井昭人さんは、俳優さんでもあります。

    鉄割アルバトロスケットという劇団を旗揚げ、脚本も担当しています。映画の「ゲゲゲの女房」やテレビでは「情熱大陸」などにも出演されています。

    作家としては、2008年にデビュー以来、今回で5回目の芥川賞の候補に。昨年発行された「すっぽん心中」では、第40回川端康成文学賞を受賞されました。

     

     madamukyuritotyousyokuwo

    マダム・キュリーと朝食を

    著者:小林エリカ

    掲載誌:すばる4月号

    出版社:集英社

     

     どうして、目に見えないもののことは、 みんなこんなにも簡単に忘れてしまうんだろう。「東の都市」へと流れて来た猫と、震災の年に生まれた少女・雛(ひな)。目に見えないはずの“放射能”を、猫は「光」として見、少女の祖母は「声」として聞く――。

    キュリー夫人やエジソンなど、実際のエネルギー史を織り交ぜながら時空を自在に行き来し、見えないものの存在を問いかける。卓越した想像力が光る、著者初の長編小説。

     

    この作品は、第27回三島由紀夫賞の候補にもなりました。

    著者の小林エリカさんは、1978年生まれの、36歳。「終わりとはじまり」・「光の子ども」など、マンガも描かれています。

    太いまゆ毛不機嫌そうな女性を描かれます。

     

    春の庭

    著者:柴崎友香

    掲載誌:文學界6月号

    出版社:文藝春秋

    結婚したばかりの元美容師・太郎は、世田谷にある取り壊し寸前の古いアパートに引っ越してきた。あるとき、同じアパートに住む女が、塀を乗り越え、隣の家の敷地に侵入しようとしているのを目撃する。注意しようと呼び止めたところ、太郎は女から意外な動機を聞かされる・・・。
    いつもの街の中に、気づかなかった「時間の流れ」や「暮らし」の歓びが浮かび上がります。

    著者の柴崎友香さんは、1973年生まれの40歳。

    今回で、4度目の芥川賞候補。

    2004年には、著書の「きょうのできごと」が映画化されました。(田中麗奈・妻夫木聡)

     

    メタモルフォシス

    著者:羽田圭介

    掲載誌:新潮3月号

    一人の愛好家が死んだ。モーニングセットを食べるついでに喫茶店の棚から手に取った実話系週刊誌を読んでいたサトウは、スツールに座ったまま姿勢を正し、当該記事を読み直す。

    「背中にハローキティの刺青!? 多摩川支流で見つかった身元不明男性遺体に囁かれる“噂”」

    著者の羽田圭介さんは、1985年生まれの28歳。17歳のとき「黒冷水」で、3人目の史上最年少で文藝賞を受賞。

     

     

    吾輩ハ猫ニナル

    著者:横山悠太

    掲載誌:群像6月号

    この作品は、第57回群像新人文学賞を受賞しました。

    幼いころ日本で暮らしたことがあるが、その後父と別れ上海で育ったため、日本語は完璧ではない。その彼が、ビザの更新のため一人で日本に行き、「秋叶原(あきはばら)」で経験した冒険を綴(つづ)った物語。

    著者の横山悠太さんは、1981年生まれの32歳。現在、留学生として中国に住んでいます。

     

    以上の5作品です。

     

    発表は、来月7月17日。

    楽しみです。

     

  5. まんがでわかる7つの習慣

    前回に引き続き、月間ベストセラーについて。

    前回は、2014年2月期から4月期までの3カ月のベストセラーをどーんと紹介しました。

    そして、3カ月ともにベストセラーにはいっていた2作品のうち、

    学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」 坪田信貴

    の紹介をしました。

     

    今回は、残りのもう1作品

    まんがでわかる7つの習慣」 フランクリン・コヴィー・ジャパン(監修)

    のご紹介をします。

     

    manngadewakaru7tunosyuukann

    まんがでわかる7つの習慣

    この作品は、2013年10月11日に発売されました。

    月間ベストセラーには、2013年12月期から5カ月連続のトップ10入りをしています。

     

    アマゾンのベストセラーランキングでは、45位と人気度を証明しています。(2014年6月19日現在)

     

    この作品は、全世界で3,000万部、日本国内で160万部を超えるベストセラー7つの習慣のまんが版です。

     

    7tunosyuukann

    7つの習慣 成功には原則があった!

    こちらの表紙が、馴染みが深いです。

    1996年12月に発行されました。

    原著は、1989年に発行されています。

     

    7tunosyuukannkannyaku

    完訳 7つの習慣 人格主義の回復

    こちらは、昨年の8/30に出版された、完訳版です。

    副題が、オリジナルのものにし、訳も原著により近く直されています。

     

    著者は、スティーブン・R・コヴィーさん。

    アメリカ生まれの経営コンサルタントです。

    2012年に亡くなっています。

    79歳でした。

     

    まんがでわかる7つの習慣は、

     亡き父のバーを再開すべく、バーテンダーを目指す主人公・歩が勤め始めたバー・セブン。そこへ訪れる人々の悩みと気づきが、7つの習慣の要点とリンクし、読み応えのある物語となっています。自分を変え、人生を変えたいと願うすべての人に。

     

     2009年に発行されて230万部を超えるベストセラーになった

    「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

    のような構成になっているのでしょう。

     

    mosimokoukouyakyuuno

    もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

     

    まんがでわかる7つの習慣は、自己啓発本からは、少々縁遠そうに感じる女性バーテンダーを主人公とすることで、ぐっと身近なものに引き寄せています。

    固く、難しいと感じる方にも、手に取りやすくなったのではないでしょうか。

     

    活字アレルギーのある人にも、スティーブン・R・コヴィーさんの考えを知ることができる良い機会ではないでしょうか。