スタッフブログ

HOME > スタッフブログ
  1. 上橋菜穂子

    上橋菜穂子さんは、今年の3/24、国際アンデルセン賞を受賞されました。

    国際アンデルセン賞とは、こちらの記事をご覧ください。

    【国際アンデルセン賞】

     

    上橋菜穂子さんは、1962年7月15日生まれの52歳。

    東京都生まれです。

     

    代表作は、

    獣の奏者精霊の守り人などです。

     

    kemononosousya-set

    獣の奏者 計5冊セット】

    獣の奏者は、1~4巻と外伝の5冊出版されています。

    2009年にNHKにて「獣の奏者エリン」という題名でアニメとして放送されていました。

    1-2巻は、フランス・ドイツ・スウェーデン・タイ・韓国・台湾で翻訳されています。

     

    moribito-set

     【守り人シリーズ 全12冊セット】

     「守り人シリーズは、1~10巻と外伝2冊の計12冊が出版されています。

    シリーズあわせて、130万部を超えるベストセラーとなっています。

     こちらも各国で翻訳されており、アメリカ・イタリア・スペイン・ブラジル・フランス・中国・台湾で出版されています。

    2007年には、アニメでも放送されました。

     

    以前、NHKの「インタビューここから」上橋菜穂子さんが出演されていました。

     

    その中で、高校生時代によんだ一冊の本を紹介されていました。

    「第九軍団のワシ」

    ブリトン人との戦で傷を負い退役したローマの軍人マーカス・フラヴィアス・アクイラは、彼が奴隷にしていたスコットランド人エスカとともに、かつて父が指揮を執り、ブリテン北部で消息を絶った第9軍団ヒスパナの行方を探る旅に出る。

    元ローマ兵の士官と奴隷との旅。

    立場・文化が全く違う2人が話し合いをしていく間に次第にその違いをわかりあり、そして乗り越えていきます。

     

    異なる立場、異なる歴史、大きな溝のある人たちが集団として出会うと争いがおきてしまう。

    しかし、人と人とならその溝を超えられるかもしれない。

    と作者のローズマリー・サトクリフは、その本の中で語っているそうです。

     

     

    また、上橋菜穂子さんは、文化人類学者でもあります。

    大学院時代に研究のために訪れたオーストラリアで、一人のアボリジニのおばあちゃんに出会いました。

    周りの多くの人から親しまれ、尊敬されていたそのおばあちゃんは、

    他の人が信じている考え方を最初から否定することをしたくない。

    それぞれみんないろいろな考え方を持っていて、一つの社会の中を生きているから、お互いがお互いの立場を考えながらやっていかなきゃと思うんだよ。

    と、力みのない口調で話してくれたそうです。

    その考え方が、大きな衝撃であったそうです。

    上橋菜穂子さんにとって、それが、人間の現実可能な理想像でした。

     

     

     もしこの世に中にまったき悪というようなものがあって、その悪に対して人が何かをすればよいのであったら、こんなに楽なことはない。

    と子供のころから思っていたそうです。

     

    どの人も悪くない。みんな一生懸命に生きている。でもそれがうまくいかないということが、私にとって深刻な問題。

    善悪を書くつもりはない。

     

    上橋菜穂子さんは、たくさん読んだ本の中から、そして、実体験のなかから、一つの出来事も、それを見る人の立場・文化・考えの違いで、見え方が変わってしまうという価値観の多様性というものの重要さを感じ取ってきました。

    そして価値感の多様性というものを物語を通して伝えています。

     

    今回、受賞した国際アンデルセン賞の選考委員の講評は、

     文化人類学の視点から、ユニークなファンタジー小説を書いている。

    土地の風景や神話の創造のみに甘んじることなく、身分制度の在り方に触れ、また霊的・倫理的領域が互いに及ぼす影響を描いている。彼女の作品の中では、世界は単なる空間ではなく、別の次元に属する世界がつながり合い、関わり合う。

    作品には、知を備えた全ての生き物や自然に対する慈しみと深い敬意が表れている。

     

     

     今回の受賞も、作品の土台となっている価値観の多様性というものが、評価されており、上橋菜穂子さんも、その部分が評価されたことが一番うれしいとおっしゃっていました。

     

    上橋菜穂子さんの作品である「守り人」シリーズのドラマ化が決定しました。

    2016年から3年にわたって全22回放送されるそうです。

    主演は、綾瀬はるかさん。

     

    しばらくは、上橋菜穂子さんから目が離せません。

     

  2. 国際アンデルセン賞

    9月10日に、国際アンデルセン賞の授与式が、メキシコで行われました。

    国際アンデルセン賞とは、選考水準の高さから「小さなノーベル賞」といわれるほどの権威ある賞です。

     

    国際アンデルセン賞は、1956年に国際児童図書評議会(IBBY)によって創設されました。

     

     国際児童図書評議会(IBBY)とは、

    「子どもの本を通じての国際理解を」

    と提唱する故イエラ・レップマン(Jella Lepman)が中心になって1953年に設立されました。

     

    国際アンデルセン賞は、

    長らく子どもの本に貢献してきたと認められる、現存する作家および画家の全業績に対し、IBBY各国支部より推薦された候補者の中から、国際選考委員会によって受賞者が選ばれます。

     

    第3回までは、一つの作品に対して贈られていたようですが、現在は、全業績を対象とした作家へ贈られています。

     

    国際アンデルセン賞は、2年に一度、西暦の偶数年に授与されます。

    各国の事務局が最高1名をIBBA本部に推薦します。

    現在は、60カ国以上が加盟していますので、60名近い作家さんがまず推薦されます。

    各国の事務局は、その推薦した作家の全作品リスト・経歴等と代表作数冊を資料として本部に届け、審査員は、約半年間かけて検討します。

     審査員は、委員長1名をふくめた11名で構成されています。

    今年は、スペインの委員長と、アメリカ、イタリア、イラン、オーストリア、韓国、キューバ、スウェーデン、トルコ、ベネズエラ、ロシアの10名の委員でした。

    2年に一回、全世界の中から1名のみに贈られる狭き門です。

     

    その賞を、今年は、日本の児童作家・ファンタジー作家の上橋菜穂子さんが受賞されました。

    創設以来、日本人作家が受賞したのは、1994年のまどみちおさん以来20年ぶり2人目です。

    上橋菜穂子さんの代表作は、

    「獣の奏者」・「精霊の守り人」シリーズなどです。

     

    上橋菜穂子さんは、

    物語は「他者に成る」力を与えてくれる。

    きっとそれこそが想像の力。私たちはそういう力を持っているからこそ、この世に生きる多くの他者とともに、なんとかかんとか歩んでいく道を探せるのかも しれません。

     とアンデルセン賞の授与式であいさつされていました。

     

    次回、上橋菜穂子さんについてさらに御紹介いたします。

  3. 講談社絵本新人賞

    先月の8/22に、第36回講談社絵本新人賞の発表が行われました。

     

    今回の新人賞は

    石川基子さんのほしじいたけ ほしばあたけ

    に決定しました。

     

    講談社絵本新人賞は、

    原則として、幼児・児童を読者対象とした自作未発表の創作絵本作品(絵と文の合作の場合も、おのおの自作未発表の作品)であること。

    テーマは、自由です。

     

    新人賞でありますから、

    単行本として絵本を商業出版(自費出版・共同出版を除く)された実績のある方はご応募できません。

    という制限があります。

     

    今年の5/15~6/15に応募の受付をしていました。

     

    受賞作ほしじいたけ ほしばあたけの選評です。

    お話のくだらなさ(褒め言葉です)に対して、絵の濃ゆさがハンパなかったですね。

    しいたけ→じいたけ→ばあたけという発想の流れがすさまじいだけ。失礼。だけじゃない。絵も良いし、展開も面白い。

    絵はやはり強烈でした。・・・かなり笑わせてもらった。

     

    絵に対する評価の高さが伝わっていきます。

    (あと、くだらないというほめ言葉も興味深いです。)

     

    著者の石川基子さんは、愛知県で活動されている方のようです。

    イラスト展などを開かれたり、ポスターのイラストを描かれたりしておられます。

    現在『もたもた堂本舗』というHPを開かれています。

    そちらに、GALLARYがありますので、ぜひご覧ください。

     

    さすがに上手です。

    そして、独特な表情の絵です。

     

    今回の受賞作『ほしじいたけ ほしばあたけ』は、来年に講談社から出版されます。

    制作日記も書かれるので、ぜひご覧ください。

    講談社 絵本通信

     

  4. ホットロード

    今週末の8/16にホットロードが上映されます。

    主演は、能年玲奈さんと登坂広臣さん。

     

    母親と2人で暮らす14歳の少 女・和希。親の愛に恵まれず、行き場のない不満を抱える彼女は、ある日、刹那的に生きる暴走族の少年・ハルヤマと出会う。どこか似たもの同士の2人は、い つしか互いに惹かれあっていき・・・。

     

    能年玲奈さんは、あまちゃんの時とは違って少々影のある少女役。

    HPの表情を見る限り、いつもの屈託ない笑顔とは別の表情が映し出されています。

    さすが女優さんです。

     

    相手役の登坂広臣さんは、三代目 J Soul Brothersのボーカル。

    こちらも旬な俳優さんですね。

     

    原作は、同名の少女コミックの「ホットロード」。

     

    hotroad1-4

    少女コミック版 ホットロード 全4巻

     

    今から28年前の1986年に「別冊マーガレット」で連載されていた作品です。

    リアルタイムで読まれていた方には、かなり懐かしさを感じるのではないでしょうか。

     

    とても人気のある作品で、文庫や、ワイドコミックでも出版されています。

    hotroad1-3

    【ワイドコミック版 ホットロード 全3巻】

    hotroad1-2

    【文庫コミック版 ホットロード 全2巻】

     

    これまでの間、著者の紡木たくさんには、何度も映画化やドラマ化の話があったようですが、すべて断っていました。

    しかし、今回、プロデューサーから主人公に、能年玲奈さんを考えていることを伝えられて、心を動かされたようです。

     

    初日は、舞台あいさつもあるようです。

    会場は、丸の内ピカデリー。

    公式HPに詳しく載っています。

     

    【ホットロード】

     

    ぜひご覧ください。

     

  5. デビクロくんの恋と魔法

    超高価買取中タイトルに加わった本の紹介です。

     

    【デビクロくんの恋と魔法】

    debikurokunnnokoinomahou

    【デビクロくんの恋と魔法】

    著者 中村 航

    出版社 小学館

    発行日 2013/11/27

    定価 1,404円

    買取金額 600円

     

    やさしいけど、ちょっとへたれな書店員・光にはもうひとつの顔があった。夜になると、「デビクロ通信」という謎のビラを、全力でボム(配布)するのだ。そんな光に、ある日、運命的な出来事が訪れる―。圧倒的な多幸感に包まれる、この冬読みたい、新感覚ラブストーリー。

     

    著者の中村航(なかむら こう)さんは、1969年生まれの44歳。岐阜県大垣市出身です。

    29歳のときに、サラリーマンを辞めて、作家に専念。

    31歳で、「リレキショ」で第39回文藝賞を受賞し、作家デビュー。

    翌年には、「夏休み」で第129回芥川賞の候補にもなりました。

    また、2005年に出版された「100回泣くこと」が、昨年2013年に映画化されました。

    大倉忠義さんと、桐谷美玲さんの主演で、話題となりました。

     

    今回は、デビクロくんの恋と魔法が、映画化されます。

    主演は、嵐の相葉雅紀さんと、榮倉奈々さん。

    他には、韓国のハン・ヒョジュさん、ジャニーズの生田斗真さんなど。

    11月22日に公開予定です。

     

    映画デビクロくんの恋と魔法の公式ホームページのリンクを貼っておきます。

    ぜひ、ご覧ください。

    http://miracle-movie.com/

     

    高価買取は、10月までの期間限定です!

    ぜひご利用ください。